0
t170406pa

遊戯王公式より星杯デッキ特集が公開!
解説動画も公開

リンクモンスター

星杯竜イムドゥーク

星杯竜イムドゥーク
星杯竜イムドゥーク
リンク 風属性 ドラゴン族 
ATK 800
【LINK-1:上】 トークン以外の通常モンスター1体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「星杯」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードがこのカードのリンク先の相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを破壊する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

星杯神楽イヴ

星杯神楽イヴ
星杯神楽イヴ
リンク 水属性 魔法使い族 
ATK 1800
【LINK-2:左/右】
種族と属性が異なるモンスター2体
(1):リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(2):このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

星杯剣士アウラム

星杯剣士アウラム
星杯剣士アウラム
リンク 炎属性 サイバース族 
ATK 2000
【LINK-2:左下/右下】
「星杯」モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の「星遺物」モンスターの種類×300アップする。
(2):このカードのリンク先の自分の「星杯」モンスター1体をリリースし、そのモンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

星杯戦士ニンギルス

星杯戦士ニンギルス
星杯戦士ニンギルス
リンク 地属性 戦士族 
ATK 2500
【LINK-3:上/左/右】
リンクモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

通常モンスター

星杯を戴く巫女

星杯を戴く巫女
星杯を戴く巫女
星2 水属性 魔法使い族 
ATK 0/DEF 2100
星神に鎮魂の祈りを捧げる巫女。
手にした杖は代々受け継がれし祭器であり、力を結界に変えて機界騎士による支配から森の民を守護している。
森の守護竜が懐く程の神通力をその身に秘めているが、普段は兄と幼馴染を大切に想う、心優しい少女の顔を見せる。
(COTD-JP018)

星杯に選ばれし者

星杯に選ばれし者
星杯に選ばれし者
星3 炎属性 サイキック族 
ATK 1600/DEF 0
機怪の残骸で武装する、真っ直ぐな心の少年。
星辰の森に古くから伝わる『星の勇者』に憧れており、妖精リースの願いを受けて、光を授かった仲間たちと共に七つの星遺物を解き放つ旅に出る。
”星明かりの勇者 掲げし剣に光を束ね 大いなる闇を討ち祓わん”
(COTD-JP019)

星杯に誘われし者

星杯に誘われし者
星杯に誘われし者
星4 地属性 戦士族 
ATK 1800/DEF 0
機怪との戦いに明け暮れる青年。
森の周辺に生息する機怪蟲が突然凶暴化した際にも、一歩も引かずに結界への侵入を防ぎ続けた。
常に先陣を駆けるその雄姿は森の民を奮い立たせるが、本人はたった一人の妹を守る為だけにその槍を振るっている。
(COTD-JP020)

効果モンスター

星杯の守護竜

星杯の守護竜
星杯の守護竜
星1 風属性 ドラゴン族 
ATK 400/DEF 400
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

星杯の妖精リース

星杯の妖精リース
星杯の妖精リース
星2 光属性 天使族 
ATK 100/DEF 2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星杯」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。

星遺物-『星杯』

星遺物-『星杯』
星遺物-『星杯』
星5 闇属性 機械族 
ATK 0/DEF 0
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。そのモンスターを墓地へ送る。
(2):通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「星遺物-『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

魔法・罠

星遺物との邂逅

星遺物との邂逅
星遺物との邂逅
フィールド魔法
(1):フィールドの「星杯」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「星杯」モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「星杯」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

星遺物の加護

星遺物の加護
星遺物の加護
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のカード名が異なる「星杯」モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。(2):自分フィールドのリンク状態のリンクモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

星遺物の導き

星遺物の導き
星遺物の導き
通常罠
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「星遺物」モンスター1体を除外し、自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

【公式】遊戯王OCGラボch「星杯」デッキ紹介編/KONAMI

コメントはこちら

u S d h
F X