0
No.24 竜血鬼ドラギュラス

No.24 竜血鬼ドラギュラスに関する裁定・ルールについて

《No.24 竜血鬼ドラギュラス》

No.24 竜血鬼ドラギュラス
No.24 竜血鬼ドラギュラス
エクシーズ 星6 闇属性 幻竜族 
ATK 2400/DEF 2800
レベル6モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、 エクストラデッキから特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを裏側守備表示にする。 この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 このカードを裏側守備表示で特殊召喚する。
(3):このカードがリバースした場合に発動する。 フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。

■『①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、エクストラデッキから特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果は誘発即時効果です。(この効果を発動する際に、コストとして、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除きます。ダメージステップに発動する事はできません。)
■『そのモンスターを裏側守備表示にする』モンスター効果は、モンスターゾーンに表側表示で存在する、エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター1体を対象に取る効果です。(対象となるモンスターは自分・相手のモンスターゾーンのどちらから選択する事もできます)
■『②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。このカードを裏側守備表示で特殊召喚する』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップでも発動する事ができます。)
■『③:このカードがリバースした場合に発動する。フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る』モンスター効果は、「No.24 竜血鬼ドラギュラス」自身がリバースした場合に必ず発動する誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップでも発動します。)

「No.24 竜血鬼ドラギュラス」が相手の「強制脱出装置」の効果でエクストラデッキに戻った時、そのモンスター効果を発動できますか?

Question
自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「No.24竜血鬼ドラギュラス」が相手の「強制脱出装置」の効果によって、自分のエクストラデッキに戻りました。

この時、その「No.24竜血鬼ドラギュラス」の『②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。このカードを裏側守備表示で特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
「No.24竜血鬼ドラギュラス」が相手の「強制脱出装置」の効果によって、自分のエクストラデッキに戻った際には、その「No.24竜血鬼ドラギュラス」の『このカードを裏側守備表示で特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできません。

「銀河眼の光波竜」のモンスター効果の処理時に対象のモンスターが裏側守備表示になっている場合、効果処理はどうなりますか?

Question
「銀河眼の光波竜」の『①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、攻撃力は3000になり、カード名を「銀河眼の光波竜」として扱う。この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない』モンスター効果によって、相手の「No.24竜血鬼ドラギュラス」を対象としました。

その発動にチェーンして相手が「No.24竜血鬼ドラギュラス」の『①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、エクストラデッキから特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果によって自身を裏側守備表示にした場合、効果処理はどうなりますか?

Answer
「銀河眼の光波竜」のモンスター効果の処理時に対象のモンスターが裏側守備表示になっている場合でも、『そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る』処理は通常通り適用されます。

また、『この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、攻撃力は3000になり、カード名を「銀河眼の光波竜」として扱う』処理は適用されず、その後にそのモンスターが表側表示に戻った場合でも、その処理は適用される事はありません。

なお、その場合でも、『この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない』処理は通常通り適用されます。

「銀河眼の光波竜」のモンスター効果によってコントロールを得たモンスターがその後に裏側守備表示になった場合、効果処理はどうなりますか?

Question
「銀河眼の光波竜」の『①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、攻撃力は3000になり、カード名を「銀河眼の光波竜」として扱う。この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない』モンスター効果によって、相手の「No.24竜血鬼ドラギュラス」のコントロールを得ています。

その後、「月の書」の効果で「No.24竜血鬼ドラギュラス」を裏側守備表示にした場合、適用されている「銀河眼の光波竜」のモンスター効果はどうなりますか?

Answer
「銀河眼の光波竜」のモンスター効果の適用後に対象のモンスターが裏側守備表示になった場合でも、『そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る』処理は通常通り適用されたままです。
(そのターンのエンドフェイズにはコントロールが相手へと戻ります。)

また、『この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、攻撃力は3000になり、カード名を「銀河眼の光波竜」として扱う』処理の適用はなくなり、その後にそのモンスターが表側表示に戻った場合でも、その処理が再び適用される事はありません。

なお、その場合でも、『この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない』処理は適用されたままとなります。

自身のモンスター効果によって裏側守備表示になった「No.24 竜血鬼ドラギュラス」がリバースした場合、自身のモンスター効果で再び裏側守備表示にできますか?

Question
「No.24竜血鬼ドラギュラス」が自身の『①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、エクストラデッキから特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果によって裏側守備表示になっています。

その後、その「No.24竜血鬼ドラギュラス」がリバースした場合、自身のモンスター効果によって、再び裏側守備表示にする事はできますか?

Answer
質問の状況の場合、自身のモンスター効果によって裏側守備表示になった「No.24竜血鬼ドラギュラス」は、エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターとしては扱われなくなります。

したがって、その後にリバースし表側表示になっている場合でも、「No.24竜血鬼ドラギュラス」のモンスター効果の対象として、「No.24竜血鬼ドラギュラス」自身を選択する事はできません。

「No.24 竜血鬼ドラギュラス」がリバースした際に、フィールドに他のカードが1枚もない場合、そのモンスター効果の処理はどうなりますか?

Question
「No.24竜血鬼ドラギュラス」が反転召喚などによってリバースした際に、フィールドに他のカードが1枚もない場合、『③:このカードがリバースした場合に発動する。フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る』モンスター効果の処理はどうなりますか?

Answer 質問の状況のように、「No.24 竜血鬼ドラギュラス」がリバースした際に、フィールドに他のカードが1枚もない場合でも、「No.24 竜血鬼ドラギュラス」のモンスター効果は発動します。 その場合、「No.24 竜血鬼ドラギュラス」自身を墓地へ送るカードとして選ばなければなりません。

元々の持ち主が自分の「No.24 竜血鬼ドラギュラス」が相手にコントロールが移っている状態でフィールドを離れた時、そのモンスター効果を発動できますか?

Question
「強制転移」の効果によって、元々の持ち主が自分の「No.24竜血鬼ドラギュラス」が相手のモンスターゾーンに表側表示で存在しています。

この状況で「ブラック・ホール」が発動し、その「No.24竜血鬼ドラギュラス」が破壊され墓地へ送られた場合に、『②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。このカードを裏側守備表示で特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
質問の状況の場合、「ブラック・ホール」の効果によって破壊された「No.24竜血鬼ドラギュラス」は、『相手の効果でフィールドから離れた』扱いにはなりません。

したがって、破壊され墓地へ送られた「No.24竜血鬼ドラギュラス」のモンスター効果を発動する事はできません。

コメントはこちら

u S d h
F X