0
CV6OOTuWsAELsrQ

劇場版遊戯王のハイスペック映像に隠された秘密!高橋和希も原画に参加

4月23日から全国で上映中の劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は、物語や出演キャストの演技が高い評価を得ている。予告編公開以来、話題となっているひとつに映像の美しさがある。 わずか1分の予告編だったが、その美しさは際立っており、多くのファンを驚かせた。一方で、1分の長さだからこそ実現できたのではと考える人も少なくなかったようだ。しかしその映像は、130分というかなりの長さを持つ大作の中でも揺らぐことはなかった。
そんなハイスペックな映像の中には、1カットにもかかわらず1300枚もの原動画を使用したシーンもあるという。もちろん、制作にかかわるスタッフ陣の熱意や、総作画監督である加々美高浩のこだわりも成功には欠かせなかった。 そしてなによりも原作者であり製作総指揮を務めた高橋和希の役割も大きい。高橋和希は細かい全体チェックも担った。さらに自らもアニメの原画に参加したという。その枚数は186枚にも及んだ。総力戦ともいえる体制が劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』を生み出した。 インサイド

遊戯王観にいかないと

遊戯王の映画のアニメーション制作、原作者の高橋和希先生も原画に参加してる…………

  • 映像すごくきれいだったけどすごいこだわりがあったんですね!高橋和希先生も原画に参加していたとは驚き!

コメントはこちら

u S d h
F X