0
g3026141

真青眼の究極竜に関する裁定・ルールについて

《真青眼の究極竜》

真青眼の究極竜
融合 星12 光属性 ドラゴン族 
ATK 4500/DEF 3800
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」
「真青眼の究極竜」の(1)の効果は1ターンに2度まで使用できる。
(1):融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、 自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、 エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 このカードは続けて攻撃できる。
(2):自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする 魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、 墓地のこのカードを除外して発動できる。 その発動を無効にし破壊する。

■『①:融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。この効果を発動する際に、コストとして、自分のエクストラデッキから「ブルーアイズ」と名のついた融合モンスター1体を墓地へ送ります。)
■『このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果は、フィールドにて発動する効果となりますので、「真青眼の究極竜」自身が戦闘で破壊され墓地へ送られている場合には、効果を発動する事はできません。
■『②:自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する』モンスター効果は誘発即時効果です。(ダメージステップでも発動する事ができます。この効果を発動する際に、コストとして、墓地の「真青眼の究極竜」自身を除外します。)
■『その発動を無効にし破壊する』モンスター効果は対象を取る効果ではありません。自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「ブルーアイズ」と名のついたモンスターを対象とする効果の発動(=魔法・罠カードのカードの発動、魔法・罠カードの効果の発動、モンスターの効果の発動)に直接チェーンして発動します。

「真青眼の究極竜」が相手プレイヤーへの直接攻撃を行った場合、ダメージステップ終了時にモンスター効果を発動できますか?

Question
融合召喚されている「真青眼の究極竜」が相手プレイヤーへの直接攻撃を行いました。

その直接攻撃のダメージステップ終了時に『①:融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
融合召喚された「真青眼の究極竜」が攻撃を行ったダメージステップ終了時であれば、モンスターを攻撃した場合だけでなく、相手プレイヤーへの直接攻撃を行った場合でも、そのモンスター効果を発動する事ができます。

複数枚のカードを対象とするカードの効果が発動した際に、墓地の「真青眼の究極竜」のモンスター効果を発動できますか?

Question
自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「青眼の精霊龍」と「青き眼の賢士」を対象として、相手が「ゴッドバードアタック」を発動しました。

この際に、墓地の「真青眼の究極竜」の『②:自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
「ゴッドバードアタック」のように、複数枚のカードを対象として発動するカードの効果が発動した場合、その対象のうち1枚が、「ブルーアイズ」と名のついたモンスターである場合には、墓地の「真青眼の究極竜」のモンスター効果を発動する事ができます。

自分フィールドにセットされたカードが存在する場合、「真青眼の究極竜」が攻撃したダメージステップ終了時にモンスター効果を発動できますか?

Question
自分のフィールドに、セットされているモンスターとセットされている魔法&罠カードが1枚ずつと、融合召喚されている表側攻撃表示の「真青眼の究極竜」が存在しています。

この状況で、その「真青眼の究極竜」が攻撃を行った場合、『①:融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
質問の状況の場合、自分のフィールドにセットされたモンスターや魔法&罠カードは存在していますが、自分フィールドに表側表示で存在しているのは「真青眼の究極竜」のみです。

したがって、この場合でも『このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動する事はできます。

融合召喚された「真青眼の究極竜」が裏側守備表示になった場合、その後、表側表示になったダメージステップ終了時にモンスター効果を発動できますか?

Question
自分が融合召喚した「真青眼の究極竜」が相手の発動した「月の書」の効果によって裏側守備表示になりました。

その後に、その「真青眼の究極竜」が再び表側攻撃表示になり、攻撃を行った場合、『①:融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
融合召喚された「真青眼の究極竜」がその後に裏側守備表示になった場合でも、そのモンスターは融合召喚されたモンスターとして扱われます。

したがって、裏側守備表示になった後に再び表側攻撃表示に戻ったその「真青眼の究極竜」が攻撃を行ったのであれば、そのダメージステップ終了時にモンスター効果を発動する事ができます。

「真青眼の究極竜」が攻撃したダメージステップ終了時に、そのモンスター効果で、エクストラデッキから同名カードを墓地へ送った場合、その墓地の同名カードの効果は発動できますか?

Question
「真青眼の究極竜」の『①:融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動した際に、エクストラデッキから同名カード(=「真青眼の究極竜」)を墓地へ送りました。

その墓地へ送られた「真青眼の究極竜」はそのターンに、『②:自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
質問のように、「真青眼の究極竜」がそのターンにエクストラデッキから墓地へ送られている場合でも、自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「ブルーアイズ」と名のついたモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動したのであれば、墓地の「真青眼の究極竜」を除外して、モンスター効果を発動する事ができます。

融合召喚された後に墓地から特殊召喚された「真青眼の究極竜」が攻撃を行った場合、ダメージステップ終了時にモンスター効果を発動できますか?

Question
融合召喚された「真青眼の究極竜」が戦闘で破壊され、自分の墓地に送られています。

その後、その「真青眼の究極竜」を「リビングデッドの呼び声」の効果によって特殊召喚し、攻撃を行った場合、『①:融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
質問の状況のように、融合召喚された後に墓地へ送られ、墓地から「リビングデッドの呼び声」の効果によって特殊召喚された「真青眼の究極竜」は、融合召喚によって特殊召喚されたモンスターとして扱われなくなりますので、攻撃を行った場合でも、ダメージステップ終了時にモンスター効果を発動する事はできません。

「真青眼の究極竜」が攻撃したダメージステップにて、相手のモンスター効果を「天罰」で無効にした場合、ダメージステップ終了時にモンスター効果を発動できますか?

Question
自分の「真青眼の究極竜」が相手の「A・O・Jカタストル」を攻撃しました。

そのダメージステップに発動した「A・O・Jカタストル」の『このカードが闇属性以外のフィールド上に表側表示で存在するモンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行わずそのモンスターを破壊する』モンスター効果の発動を「天罰」を発動し、無効にした場合、「真青眼の究極竜」の『①:融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
質問の状況の場合、「真青眼の究極竜」の攻撃対象となった「A・O・Jカタストル」は「天罰」の効果によって破壊され、結果的に戦闘ダメージ計算は行われませんが、「真青眼の究極竜」は攻撃を行っていますので、そのダメージステップ終了時にモンスター効果を発動する事はできます。

「ワンダー・クローバー」の効果が適用されている「真青眼の究極竜」が攻撃した場合、ダメージステップ終了時にモンスター効果を発動できますか?

Question
自分のモンスターゾーンに「真青眼の究極竜」が表側攻撃表示で存在し、「ワンダー・クローバー」の『選択したモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる』効果が適用されています。

この状況で、その「真青眼の究極竜」が攻撃を行った場合、『①:融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
質問の状況の場合、「真青眼の究極竜」が1回目の攻撃を行ったダメージステップ終了時には、既に適用されている「ワンダー・クローバー」の効果によって次の攻撃が行える状態ですので、「真青眼の究極竜」の『このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動する事はできません。

また、「真青眼の究極竜」が「ワンダー・クローバー」の効果を適用した事による2回目の攻撃を行ったダメージステップ終了時には、「真青眼の究極竜」の『このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果を発動する事ができます。

複数枚のカードを対象とするカードの効果が発動した際に、墓地の「真青眼の究極竜」のモンスター効果を発動できますか?

Question
自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「青眼の精霊龍」と「青き眼の賢士」を対象として、相手が「ゴッドバードアタック」を発動しました。

この際に、墓地の「真青眼の究極竜」の『②:自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。その発動を無効にし破壊する』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
「ゴッドバードアタック」のように、複数枚のカードを対象として発動するカードの効果が発動した場合、その対象のうち1枚が、「ブルーアイズ」と名のついたモンスターである場合には、墓地の「真青眼の究極竜」のモンスター効果を発動する事ができます。

「真青眼の究極竜」が自身のモンスター効果によって続けての攻撃を行う際に裏側守備表示になった場合、適用されている効果はどうなりますか?

Question
「真青眼の究極竜」が『①:融合召喚したこのカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドの表側表示のカードがこのカードのみの場合、エクストラデッキから「ブルーアイズ」融合モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードは続けて攻撃できる』モンスター効果によって、続けての攻撃を行いました。

その攻撃のバトルステップにて「月の書」が発動し、「真青眼の究極竜」が裏側守備表示になった場合、適用されている効果はどうなりますか?

また、その「真青眼の究極竜」が「聖占術姫タロットレイ」の『①:フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側攻撃表示にする』モンスター効果で表側攻撃表示に戻った場合、続けて攻撃を行う事はできますか?

Answer
「真青眼の究極竜」が自身のモンスター効果によって続けての攻撃を行う際に「月の書」等の効果が適用され裏側守備表示になった場合には、『このカードは続けて攻撃できる』効果の適用はなくなります。

その場合、その「真青眼の究極竜」がバトルフェイズに表側攻撃表示に戻った場合でも、続けて攻撃を行う事はできません。

コメントはこちら

u S d h
F X