2
CV6OOTuWsAELsrQ

岩手県にある映画館「盛岡ピカデリー」で手描きの劇場版遊戯王看板が掲載されているとtwitterで話題に。

すごくきれいな絵でうまいです。パッと見気付きませんでした。

盛岡ピカデリーについて

盛岡ピカデリー   Google 検索

盛岡ピカデリーでは82歳看板師が看板をずっと描いているみたいです。画像検索してみるといろいろな看板ができてきました。プリキュアの看板もネットで話題になったことがあるようです。看板の製作には完成までに、一週間程度の期間が必要みたいです。

盛岡市中央通の映画館「盛岡ピカデリー」の入り口に、同市の小笠原正治さん(82)が上映作品の看板を描き続けている。日活専属の看板師を振り出しに60年。多くの銀幕スターを味わい深い看板に仕立て、盛岡の映画文化を支えてきた。「映画看板一筋の人生。死ぬまで筆を握りたい」と現役を続行する。
 子ども時代から絵が得意だった小笠原さんは、中学卒業後に市内の広告看板店に就職した。22歳の時、知人の映写技師から「映画の看板を描いてほしい」と頼まれたのが転機になった。  初の看板は1955年に盛岡日活劇場(75年閉館)の開業記念で上映された「力道山物語」。「看板めがけて客が訪れ、映画館に吸い込まれていくのを見て心が躍った」と振り返る。  日活専属の看板師となり、月に20枚以上を仕上げた時代も。石原裕次郎の「太陽の季節」、安井昌二の「ビルマの堅琴」、小林旭の「ギターを持った渡り鳥」シリーズなどを手掛けた。独立して映画看板スタジオを設立し、盛岡の映画館と共に歩んだ。
 10日公開のアニメ「GAMBA ガンバと仲間たち」の看板も制作した。縦約1メートル、幅約2メートルのベニヤ板に紙を貼り、鉛筆で下書きした後にアクリルの特殊な絵の具で描く。60年間、変わらぬスタイルだ。  盛岡ピカデリーの中西栄三支配人(63)は「手描き看板は子どもから大人まで幅広い年代に人気。欠かせないシンボルになっている」と話す。  盛岡に映画館が開業してことしで100年。最盛期は約30館あった劇場は現在5館に。手描き看板を掲げるのはピカデリーだけで、盛岡の看板師は小笠原さん1人になった。  100年を記念し、16日には「もりおか映画祭2015」が開幕する。小笠原さんは「映画館で鑑賞する意味は、見た人の思い出に映画と劇場が一緒に残ることだと思う。足を運んでくれた人の記憶に残る看板を描き続けたい」と職人魂を燃やし続ける。
ルミエール (映画館) – Wikipedia
  • wikipediaを見ると盛岡の名物として親しまれていると書かれていたけど、自分の地元にこの映画館があったら楽しそうって思う。

『岩手の映画館「盛岡ピカデリー」の劇場版遊戯王の看板が話題に!』のコメント一覧(2コメント)

  • 名無し 2016年4月24日 23:37 返信する

    今も手描き映画看板ってあるのか・・・すげえ!

  • 名無し 2016年4月24日 23:43 返信する

    鎧武とかウィザードとかまんまじゃん クオリティ高い仕事するね 頭がさがる

コメントはこちら

u S d h
F X