1
news_header_hayashi_hanazawa

4月17日に行われた劇場版遊戯王舞台挨拶が行われた。
間俊介、津田健次郎、高橋広樹、竹内順子、林遣都、花澤香菜、日野聡、ケンドーコバヤシ、ジャングルポケット、監督の桑原智が登壇


本日4月17日、東京・有楽町朝日ホールにて劇場版「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」の完成披露舞台挨拶が行われ、風間俊介、津田健次郎、高橋広樹、竹内順子、林遣都、花澤香菜、日野聡、ケンドーコバヤシ、ジャングルポケット、監督の桑原智が登壇した。

高橋和希による原作マンガのその後を描いたオリジナルストーリーが展開する本作。武藤遊戯の前に謎の少年・藍神が現れ、新たな決闘(デュエル)が始まる。

上映終了後、キャスト陣が各キャラクターのセリフを交えながら挨拶すると、会場からは歓声が上がった。そんな中、林は力みすぎたのかセリフを間違える一幕も。多くの観客が詰めかけたことに感謝の言葉を述べた風間は「いよいよ始まるんだなという感じ。長い間愛された作品です。皆さん、楽しんでいただけましたか?」と客席へ問いかける。すると会場からは大きな拍手が。津田も「まさか劇場版ができるとは思わなかった。すごくうれしいですね」と続けた。

劇場版の驚きのポイントについて聞かれると高橋広樹は「驚きばかりですよ!」と口にする。すると竹内が「遊戯と(真崎)杏子の関係性!」と割って入り、「一歩先に進んだようでねえ」と舞台上は大盛り上がり。さらに「僕ら3人は海馬コーポレーションのバッジを付けて来たんですよ」と高橋広樹と竹内、津田がほかのキャストたちに自慢する。竹内が「監督としては、私たちのこの盛り上がりは思うツボですか?」と話を振ると、桑原は「そのとおり」と笑顔で答えた。

ゲスト出演した林は「夢中になった作品ですし、カードでも遊んでいました。収録前、風間さんに練習に付き合ってもらったんです。いざ現場に行くと、海馬や杏子、城之内とかつて観たメンバーがいて興奮して聞き入ってしまいました。ただの敵役じゃない重要な役割だったので、皆さんに食らいつく思いで、自分が神になったつもりで演じました」と現場を振り返る。林のアフレコの様子について風間は「初めてとは思えないほど落ち着いてました。皆さんは知っていると思いますが、僕が声を当てた第1話はとんでもないことになってますからね」と語ると、会場からは笑い声が。

セラ役の花澤は「思念で会話をするという、感情をあまり表に出さない難しい役どころだったので大変でした。私もデュエルしたかった」とコメント。すると風間が「『デュエル』ってセリフがあると思って練習してたんでしょ?」と暴露すると、客席からはセリフを促す拍手が湧き起こる。花澤は照れながらも「デュエル!」とポーズを決めてセリフを披露した。

最後に本作について桑原が「遊戯戦が終わったあとに、城之内はいつも『よっしゃー!』って顔をしますよね。実はその時に杏子もやってるんですよ」と小ネタが隠されていることを明かした。さらに「スタッフもキャストも一生懸命にがんばった作品。半年以上も作画に時間をかけて、考えて考え尽くしてあのラストを迎えています。ぜひとも2度、3度と劇場で観て楽しんでもらいたいです」とメッセージを残し舞台挨拶は終了した。

映画ナタリー 劇場版「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」は4月23日よりロードショー。
『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』(4月23日公開)の完成披露舞台挨拶が4月17日に有楽町朝日ホールで開催され、声優を務める風間俊介、津田健次郎、高橋広樹、竹内順子、林遣都、花澤香菜、日野聡、ケンドーコバヤシ、ジャングルポケット、桑原智監督が登壇。本シリーズに帰還した風間が「僕の声優人生のすべてを込めて演じた」と力強く語った。

本作はシリーズ開始20周年を記念し、原作者の高橋和希が製作総指揮を担当した初の長編劇場版。風間演じる武藤遊戯と、津田演じる海馬瀬人という伝説の名コンビが復活。原作のその後を舞台に、遊戯とライバルの海馬瀬人との物語がつづられる。

上映後の興奮冷めやらぬ観客の前に登場したキャスト陣。会場を見渡した風間は「『遊戯王』という作品は長い間愛されて、みなさんの愛も掛け算のように膨れ上がっていることと思います」とコメント。「ご褒美のような作品、楽しんでいただけましたか?」と語りかけると、会場から大きな拍手が沸き起こった。

津田は「まさか劇場版ができるとは思っていなかった。(高橋)先生の手による続きが劇場版で見られる、演じられるというのがうれしい」と口火を切り、「みなさんの拍手を聞いてグッときた」と感無量の面持ちを見せていた。

林は「小学生の頃からカードもやっていて、アニメも漫画も夢中になっていた。参加させていただいて幸せ」と「遊戯王」ファンであることを明かした。声優は初挑戦となったが、「風間さんに色々とアドバイスをいただいて、収録前も練習に付き合ってくださった」と風間に感謝しきり。「現場に行ったら子供の頃から見ていたレギュラーメンバーがみんないて。そこに混ざってやるとなったら、喉がキーンと閉まってしまい。本当に大変でした」とため息混じりに苦労を語ると、会場からも笑いが起こっていた。

風間は「初めての声優経験とは思えない」と林の演技を絶賛。続けて「みなさん知っていると思うんですが、僕の第1話はとんでもないことになっていますから。伝説になっています」と自虐コメントを放ち、会場も大爆笑。「それに比べたら遣都は素晴らしい声優!ずっとやり続けていたチームワークに入るとなると、戸惑いはあっただろうな」と林の労をねぎらっていた。【取材・文/成田おり枝】 ニュースウォーカー

風間さんが1話をイジってくれるとは

自虐コメントwww

  • 花澤香菜さんの「デュエル!」聞いてみたかった。

『「遊戯王映画」舞台挨拶、キャストが登壇』のコメント

  • 名無し 2016年4月18日 06:07 返信する

    遊戯王映画藍神大好きなキャラになったので必ず映画観に行きます

コメントはこちら

u S d h
F X