1

やりすぎた埋葬の裁定・ルールについて

《やりすぎた埋葬》

やりすぎた埋葬
装備魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:手札からモンスター1体を捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。②:装備モンスターの効果は無効化される。
予約する
  • 『①:手札からモンスター1体を捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する』効果は、「やりすぎた埋葬」のカードの発動の際の効果処理です。
  • 「やりすぎた埋葬」のカードの発動の際に、コストとして、手札のモンスター1体を捨てます。また、コストとして捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象に取って発動します。
  • 『そのモンスターを特殊召喚し』の処理と、『このカードを装備する』処理は同時に行われる扱いとなります。
  • 『②:装備モンスターの効果は無効化される』効果はチェーンブロックの作られない効果です。(装備モンスターに適用される効果です。)

「やりすぎた埋葬」の効果でモンスターが墓地から特殊召喚された後、「やりすぎた埋葬」が破壊された場合、特殊召喚したモンスターはどうなりますか?

Question
「やりすぎた埋葬」の『①:手札からモンスター1体を捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する』効果によって、墓地から「成金忍者」を特殊召喚している状況です。
その後、「サイクロン」が発動し、「やりすぎた埋葬」が破壊された場合、特殊召喚されている「成金忍者」はどうなりますか?

Answer
「やりすぎた埋葬」の効果でモンスターが特殊召喚された後、「やりすぎた埋葬」が破壊された場合でも、特殊召喚されたモンスターは破壊されず、そのままモンスターゾーンに残る事になります。
なお、「やりすぎた埋葬」が破壊された事で、『②:装備モンスターの効果は無効化される』効果の適用もなくなりますので、特殊召喚されたモンスター(=質問の状況の場合、「成金忍者」)は、効果も無効化されていない状態に戻ります。

「やりすぎた埋葬」の効果によって特殊召喚された「星遺物-『星杯』」は、自身をリリースしてモンスター効果を発動できますか?

Question
「やりすぎた埋葬」の『①:手札からモンスター1体を捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する』効果によって特殊召喚された「星遺物-『星杯』」が自分のモンスターゾーンに表側表示で存在しています。
その後、相手がエクストラデッキからモンスターを特殊召喚した際に、その「星遺物-『星杯』」の『①:EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、このカードをリリースして発動できる。そのモンスターを墓地へ送る』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
「やりすぎた埋葬」の効果によって特殊召喚されたモンスターは、『②:装備モンスターの効果は無効化される』効果が適用されていますので、フィールドにて発動・適用されるモンスター効果は基本的に無効化されます。
しかしながら、「星遺物-『星杯』」の自身をリリースして発動するモンスター効果の場合、「星遺物-『星杯』」自身がリリースされた事でフィールドに存在しなくなり、対象を失った「やりすぎた埋葬」も破壊され墓地へ送られる事になります。
結果的に『②:装備モンスターの効果は無効化される』効果が適用されていない状態で「星遺物-『星杯』」のモンスター効果の処理が行われる事となり、『そのモンスターを墓地へ送る』処理は通常通り適用される事になります。

「やりすぎた埋葬」の発動にチェーンして「サイクロン」が発動し、「やりすぎた埋葬」が破壊された場合、効果処理はどうなりますか?

Question
「やりすぎた埋葬」の『①:手札からモンスター1体を捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する』効果の発動にチェーンして「サイクロン」が発動し、「やりすぎた埋葬」が破壊された場合、効果処理はどうなりますか?

Answer
「やりすぎた埋葬」のカードの発動にチェーンした「サイクロン」の効果によって、「やりすぎた埋葬」が破壊された場合には、『そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する』処理は適用されず、対象のモンスターは墓地に残ります。

「伝説の都 アトランティス」の適用中に、「やりすぎた埋葬」を発動し、水属性モンスターを捨てる場合、対象のモンスターはどのように選びますか?

Question
自分のフィールドゾーンに「伝説の都 アトランティス」が表側表示で存在し、『②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、お互いの手札・フィールドの水属性モンスターのレベルは1つ下がる』効果が適用されています。
この状況で、手札の「海竜-ダイダロス」を捨てて、「やりすぎた埋葬」の『①:手札からモンスター1体を捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する』効果を発動する場合、対象となるモンスターはどのように選びますか?

Answer
「やりすぎた埋葬」の効果の対象は、コストとして手札から捨てたモンスターの元々のレベルより低いレベルのモンスターを自分の墓地から選択します。
質問の状況の場合、レベル7の「海竜-ダイダロス」を捨てて「やりすぎた埋葬」を発動していますので、対象となる墓地のモンスターはレベル6以下のモンスターという事になります。

「やりすぎた埋葬」の効果の対象として、墓地のエクシーズモンスターやリンクモンスターを選択できますか?

Question
「やりすぎた埋葬」の『①:手札からモンスター1体を捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する』効果の対象として、墓地のエクシーズモンスターやリンクモンスターを選択する事はできますか?

Answer
「やりすぎた埋葬」の効果の対象として、レベルを持たないエクシーズモンスターやリンクモンスターを選択する事はできません。

『【遊戯王】やりすぎた埋葬【裁定・ルール】』のコメント

  • 名無し 2017年7月11日 00:36 返信する

    ホルスの黒炎竜lv.6をやりすぎた埋葬の効果によって特殊召喚した場合はどうなりますか? わかる方教えてください。

コメントはこちら

u S d h
F X