0

エンコード・トーカーの裁定・ルールについて

《エンコード・トーカー》

エンコード・トーカー
リンク 光属性 サイバース族 
ATK 2300/LINK
【リンクマーカー:上/下/右下】
サイバース族モンスター2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、 そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。 その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、 その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。 そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、 その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。
(SD32-JP041 Ultra)
  • 「エンコード・トーカー」のモンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。)
  • 「エンコード・トーカー」自身のリンク先に存在する自分のモンスターが相手モンスターを攻撃したダメージ計算前、または、「エンコード・トーカー」自身のリンク先に存在する自分のモンスターが相手モンスターに攻撃されたダメージ計算前に発動する事ができます。
  • 「エンコード・トーカー」のモンスター効果が発動した際のチェーンブロックの処理では、『その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる』処理が行われます。
  • 『そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする』処理が適用される際にチェーンブロックは作られません。(ダメージ計算後にただちに適用される処理です。)

「エンコード・トーカー」のモンスター効果を発動した戦闘によって、相手のモンスターが戦闘で破壊される事となった場合、処理はどうなりますか?

Question
エクストラモンスターゾーンに存在する自分の「エンコード・トーカー」のリンク先となるメインモンスターゾーンに「デコード・トーカー」が存在しています。

その「デコード・トーカー」が相手の「クラッキング・ドラゴン」を攻撃した際に、「エンコード・トーカー」の『①:1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする』モンスター効果を発動しました。

その発動にチェーンして自分が「収縮」を発動し、相手モンスターの攻撃力が自分のモンスターを下回った場合、処理はどうなりますか?

Answer
質問の状況の場合、チェーンして発動した「収縮」の『①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの元々の攻撃力はターン終了時まで半分になる』効果が適用され、相手の「クラッキング・ドラゴン」の攻撃力は半分の1500になります。

この場合でも、『その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる』処理は適用されていますが、戦闘で破壊される事になるのは、相手の「クラッキング・ドラゴン」になります。
『そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする』処理も通常通り適用されますので、「デコード・トーカー」または「エンコード・トーカー」の攻撃力を1500アップする事になります。

「リコーデッド・アライブ」の効果でエクストラデッキから特殊召喚された「エンコード・トーカー」がその後に墓地へ送られた場合、「死者蘇生」の効果で特殊召喚できますか?

Question
自分が発動した「リコーデッド・アライブ」の『①:自分のフィールド・墓地のリンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する』効果によって、エクストラデッキから「エンコード・トーカー」が特殊召喚されました。

その際に、相手が発動した「激流葬」の効果によって、その「エンコード・トーカー」が破壊され墓地へ送られている場合、その後に「死者蘇生」を発動し、「エンコード・トーカー」を特殊召喚する事はできますか?

Answer
「リコーデッド・アライブ」の『EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する』効果によってエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターは、正規の手順となるリンク召喚によって、特殊召喚された扱いではありませんので、その後に墓地へ送られていたとしても、「死者蘇生」の効果で特殊召喚する事はできません。

「エンコード・トーカー」のリンク先に裏側守備表示で存在するモンスターが相手モンスターに攻撃された場合、「エンコード・トーカー」のモンスター効果を発動できますか?

Question
「エンコード・トーカー」のリンク先となるメインモンスターゾーンに「ビットロン」が裏側守備表示で存在しています。

その裏側守備表示の「ビットロン」が相手モンスターに攻撃された場合、「エンコード・トーカー」の『①:1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする』モンスター効果を発動できますか?

Answer
「エンコード・トーカー」のリンク先に裏側守備表示で存在するモンスターが相手モンスターに攻撃された場合でも、「エンコード・トーカー」のモンスター効果を発動する事ができるダメージ計算前には、リバースし表側守備表示になっていますので、「エンコード・トーカー」のモンスター効果を発動し、その効果処理を適用する事ができます。

コメントはこちら

u S d h
F X