0

No.29 マネキンキャットの裁定・ルールについて

《No.29 マネキンキャット》

No.29 マネキンキャット
エクシーズ 星2 光属性 獣族 
ATK 2000/DEF 900
レベル2モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、 相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを相手フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、 相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。
(CP17-JP041 N-Rare)
  • 『①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを相手フィールドに特殊召喚する』モンスター効果は起動効果です。(この効果を発動する際に、コストとして、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除きます。)
  • 『そのモンスターを相手フィールドに特殊召喚する』モンスター効果は、相手の墓地のモンスター1体を対象に取る効果です。(相手のどのメインモンスターゾーンに特殊召喚するかも、この効果を発動したプレイヤーが選びます。)
  • 『②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果は誘発効果です。(ダメージステップに発動する事はできません。)
  • 『そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果は、相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスター1体を対象に取る効果です。(自分の手札・自分のデッキ・自分の墓地のいずれにも、種族(または属性)が同じモンスターが1体も存在しないモンスターを対象とする事はできません。)

相手がモンスターを特殊召喚した際に発動する「No.29 マネキンキャット」のモンスター効果は、相手が特殊召喚したモンスターを対象として発動する効果ですか?

Question
相手が「ガガガマンサー」を召喚し、さらに『①:1ターンに1度、「ガガガマンサー」以外の自分の墓地の「ガガガ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ガガガ」モンスターしか特殊召喚できない』モンスター効果によって、「ガガガガードナー」を特殊召喚しました。
この状況で、自分が「No.29 マネキンキャット」の『②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果を発動する場合、対象とするモンスターは特殊召喚された「ガガガガードナー」でなければなりませんか?
Answer
「No.29 マネキンキャット」の『そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果は、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合に発動する効果ですが、質問の状況のように、相手のモンスターゾーンに特殊召喚されたモンスター以外のモンスターが存在しているのであれば、そのモンスターを対象として効果を発動する事もできます。
(質問の状況の場合、自分の手札・自分のデッキ・自分の墓地に種族か属性が同じモンスターが存在しているのであれば、「ガガガガードナー」ではなく、「ガガガマンサー」を対象として発動する事もできます。)

裏側守備表示の「No.29 マネキンキャット」を表側攻撃表示にする「太陽の書」の発動にチェーンして、相手がモンスターを特殊召喚した場合、「No.29 マネキンキャット」のモンスター効果を発動できますか?

Question
エクストラモンスターゾーンに自分の「No.29 マネキンキャット」が裏側守備表示で存在し、その「No.29 マネキンキャット」を対象として自分が発動した「太陽の書」の効果にチェーンして、相手が「リビングデッドの呼び声」を発動し、墓地のモンスターを特殊召喚しました。
この場合、自分は「No.29 マネキンキャット」の『②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできますか?
Answer
「No.29 マネキンキャット」の『そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果は、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合に発動する効果ですが、質問の状況の場合、相手のモンスターゾーンにモンスターが特殊召喚された際には、「No.29 マネキンキャット」自身はモンスターゾーンに表側表示で存在していません。
したがって、この場合、「No.29 マネキンキャット」の『そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできません。

相手がモンスターを特殊召喚した際に発動した自分の「No.29 マネキンキャット」のモンスター効果の処理時に、対象のモンスターの種族や属性が変化している場合、処理はどうなりますか?

Question
相手が「正統なる血統」の効果によって墓地の「ナチュラル・ボーン・サウルス」の特殊召喚に成功した時、自分は「No.29 マネキンキャット」の『②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果を発動し、その「ナチュラル・ボーン・サウルス」を対象としました。
その発動にチェーンして相手が「スペシャル・デュアル・サモン」を発動し、その「ナチュラル・ボーン・サウルス」が効果モンスター扱いとなり、自身の『●このカードの種族・属性は恐竜族・地属性になる』モンスター効果によって種族と属性が変化した場合、効果処理はどうなりますか?
Answer
「No.29 マネキンキャット」の『そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果の処理を行う場合、対象のモンスターのフィールドにて適用されている種族または属性と同じモンスター1体を選んで特殊召喚する事になります。
質問の状況の場合、対象とした「ナチュラル・ボーン・サウルス」の種族・属性は恐竜族・地属性となっていますので、自分が「No.29 マネキンキャット」のモンスター効果によって特殊召喚するモンスターは恐竜族のモンスターか、地属性のモンスターを選ぶ事になります。

相手がモンスターを特殊召喚した際に発動した自分の「No.29 マネキンキャット」のモンスター効果の処理時に、対象のモンスターが裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?

Question
相手が「ガガガリベンジ」の効果によって墓地の「ガガガマジシャン」の特殊召喚に成功した時、自分は「No.29 マネキンキャット」の『②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果を発動し、その「ガガガマジシャン」を対象としました。
その発動にチェーンして相手が「月の書」を発動し、その「ガガガマジシャン」が裏側守備表示になった場合、効果処理はどうなりますか?
Answer
「No.29 マネキンキャット」の『そのモンスターと種族または属性が同じモンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する』モンスター効果の処理時に、対象のモンスターが裏側守備表示になっている場合には、効果処理は適用されません。

コメントはこちら

u S d h
F X