1

DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドンの裁定・ルールについて

《DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン》

4fcb10cd
DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン
ペンデュラム 星8 闇属性 悪魔族 
ATK 3000/DEF 1000
【Pスケール:青4/赤4】
(1):1ターンに1度、自分フィールドの 「DD」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで800アップする。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、 そのモンスター1体を対象として発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、 対象のモンスターの元々の攻撃力分アップする。 この効果を発動するターン、このカードは直接攻撃できない。
(2):このカードは、このカードを対象としない魔法・罠カードの効果では破壊されない。
(SD30-JP006)
  • 『①:1ターンに1度、自分の「DDD」融合モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする』ペンデュラム効果はチェーンブロックの作られる効果です。
  • 対象を取る効果ではありません。
  • 自分の「DDD」と名のついた融合モンスターが相手モンスターを攻撃した場合だけでなく、相手モンスターが自分の「DDD」と名のついた融合モンスターを攻撃した場合にも発動する事ができます。
  • 『①:相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える』モンスター効果は起動効果です。(相手のモンスターゾーンに表側攻撃表示で存在するモンスター1体を対象に取る効果です。)
  • 『そのモンスターを破壊し』の処理と、『破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える』処理は同時に行われる扱いとなります。
  • 『②:相手モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その相手モンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで元々の数値になる』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。)
  • 『③:モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップでも発動する事ができます。)

モンスターを破壊する「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」のモンスター効果の処理時に、対象のモンスターが裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?

Question
相手のモンスターゾーンに表側攻撃表示で存在する「覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン」を対象として、自分は「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の『①:相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える』モンスター効果を発動しました。
その発動にチェーンして「月の書」が発動し、対象の「覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン」が裏側守備表示になっている場合、効果処理はどうなりますか?

Answer
「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の『そのモンスターを破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える』モンスター効果の処理時に、対象のモンスターが裏側守備表示になっている場合でも、効果処理は通常通り適用されます。
(質問の状況の場合、対象の「覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン」は破壊され、相手はその元々の攻撃力3000の半分、1500のダメージを受ける事になります。)

相手モンスターが直接攻撃を宣言したダメージ計算前に、「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が「重装甲列車アイアン・ヴォルフ」の『①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃できず、そのモンスターは直接攻撃できる』モンスター効果を発動し、さらに「リミッター解除」を発動しているターンです。
相手がその「重装甲列車アイアン・ヴォルフ」で直接攻撃を宣言した場合、そのダメージ計算前に、自分は「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の『②:相手モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その相手モンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで元々の数値になる』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
相手モンスターが直接攻撃を宣言している場合でも、相手モンスターが戦闘を行っている状況となりますので、そのダメージ計算前に、「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の『その相手モンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで元々の数値になる』モンスター効果を発動する事ができます。
質問の状況の場合、相手の「重装甲列車アイアン・ヴォルフ」は「リミッター解除」の効果によって攻撃力が倍の4400となっていますが、「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」のモンスター効果が適用される事によって、ダメージステップ終了時まで、攻撃力は元々の数値の2200になり、その数値で戦闘ダメージ計算が行われる事になります。

攻撃力が元々の数値の状態の相手モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に、「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手のモンスターゾーンに存在する「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」が、自分の「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」を、元々の攻撃力の数値の状態で攻撃しました。
この状況で、自分は「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の『②:相手モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その相手モンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで元々の数値になる』モンスター効果を発動する事はできますか?
また、相手がダメージ計算前に「ライジング・エナジー」の『①:手札を1枚捨て、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1500アップする』効果を発動し、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の攻撃力をアップさせようとした場合、チェーンして自分は「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の『②:相手モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その相手モンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで元々の数値になる』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」の『その相手モンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで元々の数値になる』モンスター効果は、ダメージ計算前に発動する誘発効果です。 戦闘を行うモンスターのフィールドにて適用されている攻撃力の数値が、元々の攻撃力の数値と異なっている状態である場合に発動する事ができます。
したがって、元々の攻撃力の数値と同じ状態の相手の「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」が戦闘を行うダメージ計算前には「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」のモンスター効果を発動する事はできません。
また、「DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン」のモンスター効果は誘発効果ですので、相手がダメージ計算前に戦闘を行うモンスターの攻撃力をアップさせるカードの効果等を発動したとしても、それにチェーンして発動する事はできません。

『【遊戯王】DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン【裁定・ルール】』のコメント

  • 名無し 2017年4月28日 23:52 返信する

    テキストが全て元のヘルアーマゲドンになってますよ

コメントはこちら

u S d h
F X