0

ルドラの魔導書の裁定・ルールについて

《ルドラの魔導書》

ルドラの魔導書
ルドラの魔導書
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚 または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、 自分はデッキから2枚ドローする。
  • 対象を取る効果ではありません。
  • 効果処理時に、以下のいずれかのカードを選んで墓地へ送ります。
  •  ・「ルドラの魔導書」以外の自分の手札の「魔導書」と名のついたカード1枚
     ・「ルドラの魔導書」以外の自分フィールドに表側表示で存在する「魔導書」と名のついたカード1枚
     ・自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する魔法使い族モンスター1体
  • 『「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り』の処理と、『自分はデッキから2枚ドローする』処理は同時に行われる扱いとなります。
  • 自分のデッキの枚数が1枚以下の場合、「ルドラの魔導書」を発動する事はできません。

「セフェルの魔導書」の効果によって、「ルドラの魔導書」の効果を適用する場合、発動した「セフェルの魔導書」自身を墓地へ送るカードに選べますか?

Question
自分が「セフェルの魔導書」の『自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在する場合、このカード以外の手札の「魔導書」と名のついたカード1枚を相手に見せ、「セフェルの魔導書」以外の自分の墓地の「魔導書」と名のついた通常魔法カード1枚を選択して発動できる。このカードの効果は、選択した通常魔法カードの効果と同じになる』効果を発動し、対象として墓地の「ルドラの魔導書」を選択しました。
適用される、「ルドラの魔導書」の『①:「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする』処理を行う際に、発動した「セフェルの魔導書」自身を墓地へ送るカードに選ぶ事はできますか?
Answer
「セフェルの魔導書」の効果によって、「ルドラの魔導書」の効果を適用する場合でも、『「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り』の処理によって、その発動した「セフェルの魔導書」自身を墓地へ送るカードに選ぶ事はできません。
(質問の状況の場合、自分のモンスターゾーンには表側表示の魔法使い族モンスターが存在していますし、手札には「セフェルの魔導書」を発動する際に相手に見せた「魔導書」と名のついたカードも存在していますので、それらのカードの中から墓地へ送るカードを選び、処理を行う事になります。)

「ルドラの魔導書」の効果で墓地へ送るカードとして、魔法使い族のペンデュラムモンスターを選べますか?

Question
自分のモンスターゾーンに「白翼の魔術師」が表側表示で存在しています。

この状況で、自分は「ルドラの魔導書」の『①:「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする』効果を発動し、墓地へ送るカードとして「白翼の魔術師」を選ぶ事はできますか?
Answer
質問の状況の場合でも、「ルドラの魔導書」の効果を発動し、『「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り』の処理によって墓地へ送るカードとして、「白翼の魔術師」を選ぶ事はできます。
その場合、ペンデュラムモンスターは墓地へ送られず、エクストラデッキに表側表示で加わりますので、『自分はデッキから2枚ドローする』処理は適用されません。

「マクロコスモス」の適用中に「ルドラの魔導書」を発動できますか?

Question
相手の魔法&罠ゾーンに「マクロコスモス」が表側表示で存在し、『このカードがフィールド上に存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される』効果が適用されています。
この状況で、自分は「ルドラの魔導書」の『①:「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする』効果を発動する事はできますか?
Answer
質問の状況のように、「マクロコスモス」の効果が適用されている場合でも、「ルドラの魔導書」を発動する事はできます。
その場合、『「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り』の処理によって墓地へ送られるカードは、墓地へは行かず除外されますが、その場合でも、『自分はデッキから2枚ドローする』処理は通常通り適用されます。

「ルドラの魔導書」の効果で墓地へ送るカードとして、魔法使い族のモンスタートークンを選べますか?

Question
自分の「トリッキーズ・マジック4」の『①:自分フィールドの表側表示の「THE トリッキー」1体を墓地へ送って発動できる。相手フィールドのモンスターの数だけ、自分フィールドに「トリッキートークン」(魔法使い族・風・星5・攻2000/守1200)を守備表示で特殊召喚する。このトークンは攻撃宣言できない』効果によって特殊召喚された「トリッキートークン」が自分のモンスターゾーンに表側表示で存在しています。
この状況で、自分は「ルドラの魔導書」の『①:「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする』効果を発動し、墓地へ送るカードとして「トリッキートークン」を選ぶ事はできますか?
Answer
質問の状況の場合でも、「ルドラの魔導書」の効果を発動し、『「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り』の処理によって墓地へ送るカードとして、「トリッキートークン」を選ぶ事はできます。
その場合、「トリッキートークン」は墓地へは送られずに消滅しますので、『自分はデッキから2枚ドローする』処理は適用されません。

「ルドラの魔導書」の効果で墓地へ送るカードとして、裏側表示のカードを選べますか?

Question
自分のモンスターゾーンに「魔導書士 バテル」が裏側守備表示で存在しています。
この状況で、自分は「ルドラの魔導書」の『①:「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする』効果を発動し、墓地へ送るカードとして「魔導書士 バテル」を選ぶ事はできますか?
Answer
「ルドラの魔導書」の効果で、『「ルドラの魔導書」以外の自分の手札・フィールドの「魔導書」カード1枚または自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り』の処理によって墓地へ送るカードを選ぶ際にフィールドのカードを選ぶ場合には、表側表示のカードの中から選ぶ事になります。 (裏側守備表示の魔法使い族モンスターを選ぶ事はできませんし、同様に、魔法&罠ゾーンにセットされている「魔導書」と名のついたカードを選ぶ事もできません。)
したがって、質問の状況の場合、適切に墓地へ送る事ができるカードがない場合には、「ルドラの魔導書」を発動する事自体ができません。

「ルドラの魔導書」の発動にチェーンして「精霊の鏡」を発動できますか?

Question
「ルドラの魔導書」の発動にチェーンして、「精霊の鏡」を発動する事はできますか?
Answer
「精霊の鏡」はプレイヤー1人に効果が及ぶ魔法カードのカードの発動に直接チェーンして発動するカードです。
「ルドラの魔導書」はプレイヤー1人に効果が及ぶ魔法カードではありませんので、「ルドラの魔導書」の発動にチェーンして「精霊の鏡」を発動する事はできません。

コメントはこちら

u S d h
F X