0

灰流うららの裁定・ルールについて

《灰流うらら》

灰流うらら
灰流うらら
チューナー 星3 炎属性 アンデット族 
ATK 0/DEF 1800
「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果
(MACR-JP036)
灰流うらら – 遊戯王Wiki
  • 「灰流うらら」のモンスター効果は、手札にて発動する誘発即時効果です。
  • 効果を発動する際に、コストとして、手札の「灰流うらら」自身を捨てます。
  • ダメージステップに発動する事はできません。
  • 「灰流うらら」のモンスター効果は対象を取る効果ではありません。『●』の効果のいずれかを含む、魔法・罠カードのカードの発動、魔法・罠カードの効果の発動、モンスター効果の発動、いずれかに直接チェーンして発動する効果です。

相手が手札の「増殖するG」のモンスター効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が手札の「増殖するG」を墓地へ送り、『①:このカードを手札から墓地へ送って発動できる。このターン、以下の効果を適用する。●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない』モンスター効果を発動しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
相手が手札の「増殖するG」を墓地へ送って、そのモンスター効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできます。

その場合、相手の「増殖するG」のモンスター効果は無効になりますので、このターンに自分がモンスターの特殊召喚に成功しても、『●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない』効果は適用されません。

相手が「影依融合」を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が「影依融合」の『①:自分の手札・フィールドから「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる』効果を発動しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
相手が「影依融合」を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできます。

(相手の「影依融合」が発動した際に、エクストラデッキから特殊召喚されていたモンスターが存在するか・存在していないかによって処理に違いはありません。)

エクシーズ素材となっている「十二獣モルモラット」の『●』のモンスター効果を相手が発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「十二獣ドランシア」が「十二獣モルモラット」1体をエクシーズ素材として持っている状態です。

この状況で、そのエクシーズ素材の「十二獣モルモラット」を取り除き、得ている「十二獣モルモラット」の『●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する』モンスター効果を発動しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
「十二獣モルモラット」がエクシーズ素材となっている事によって得ている『●』の効果を相手が発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできます。

その場合、相手の発動した『●』の効果処理は無効になりますが、効果を発動した「十二獣ドランシア」はそのままモンスターゾーンに表側表示で残り、「十二獣ドランシア」の他のモンスター効果が無効化される事もありません。

相手が「名推理」を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が「名推理」の『相手プレイヤーはモンスターのレベルを宣言する。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキからカードをめくる。出たモンスターが宣言されたレベルと同じ場合、めくったカードを全て墓地へ送る。違う場合、出たモンスターを特殊召喚し、それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る』効果を発動しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
相手が「名推理」を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできます。

その場合、相手の発動した「名推理」の効果処理は無効になりますので、デッキのカードをめくる事もありません。

相手が「デビル・フランケン」のモンスター効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が「デビル・フランケン」の『①:5000LPを払って発動できる。エクストラデッキから融合モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する』モンスター効果を発動しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
相手が「デビル・フランケン」のモンスター効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできません。

「次元の裂け目」の適用中に、相手が「おろかな埋葬」を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
自分の魔法&罠ゾーンに「次元の裂け目」が表側表示で存在し、『①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いの墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される』効果が適用されています。

この状況で、相手が「おろかな埋葬」の『①:デッキからモンスター1体を墓地へ送る』効果を発動しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
「次元の裂け目」の効果が適用されており、結果的に墓地へ送られるモンスターが墓地へ送られず除外される状況である場合でも、「おろかな埋葬」の効果はデッキのカードを墓地へ送る効果となりますので、質問の状況の場合でも、相手の「おろかな埋葬」が発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできます。

相手が「カードガンナー」の攻撃力をアップするモンスター効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が「カードガンナー」の『①:1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする』モンスター効果を発動しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
相手が「カードガンナー」の『このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする』モンスター効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできません。

相手が「黒の魔導陣」の効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が「黒の魔導陣」のカードの発動時の『①:このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。その中に、「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カードまたは「ブラック・マジシャン」があった場合、その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す』効果を発動した時、自分はチェーンして、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?

また、相手が「黒の魔導陣」の『②:自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する』効果を発動した時、自分はチェーンして、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
相手の「黒の魔導陣」のカードの発動を行った時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできます。

その場合、相手の「黒の魔導陣」のカードの発動時の効果処理は無効になりますので、デッキの上から3枚のカードを確認する事はありませんが、カードの発動は行われていますので、「黒の魔導陣」のカード自体は魔法&罠ゾーンに残ります。

また、「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚に成功した際に「黒の魔導陣」の効果が発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできません。

相手が「轟雷帝ザボルグ」のモンスター効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が「轟雷帝ザボルグ」の『①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動する。そのモンスターを破壊する。破壊したモンスターが光属性だった場合、その元々のレベルまたはランクの数だけ、お互いはそれぞれ自分のエクストラデッキからカードを選んで墓地へ送る』モンスター効果を発動し、破壊する対象として「轟雷帝ザボルグ」自身を選択しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
相手が「轟雷帝ザボルグ」のモンスター効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできません。

相手が「賤竜の魔術師」のペンデュラム効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が「賤竜の魔術師」の『①:もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードが存在する場合に発動できる。自分のエクストラデッキの表側表示の、「賤竜の魔術師」以外の「魔術師」Pモンスターまたは「オッドアイズ」Pモンスター1体を選んで手札に加える』ペンデュラム効果を発動しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
相手が「賤竜の魔術師」のペンデュラム効果を発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできません。

地属性モンスター以外のモンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した「剛地帝グランマーグ」のモンスター効果を相手が発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動できますか?

Question
相手が地属性以外の属性のモンスターのみをリリースして、「剛地帝グランマーグ」をアドバンス召喚し、その『このカードがアドバンス召喚に成功した時、フィールド上にセットされたカードを2枚まで選択して破壊する。このカードが地属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時の効果に以下の効果を加える。●デッキからカードを1枚ドローする』モンスター効果を発動しました。

この時、自分は、手札の「灰流うらら」を捨てて、『①:以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる』効果を発動する事はできますか?
Answer
地属性以外の属性のモンスターのみをリリースしてアドバンス召喚された「剛地帝グランマーグ」のモンスター効果が発動した時、チェーンして手札の「灰流うらら」のモンスター効果を発動する事はできません。

コメントはこちら

u S d h
F X