1

時空のペンデュラムグラフの裁定・ルールについて

《時空のペンデュラムグラフ》

%e6%99%82%e7%a9%ba%e3%81%ae%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95
時空のペンデュラムグラフ
永続罠
「時空のペンデュラムグラフ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は罠カードの効果の対象にできない。
(2):自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と 相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、 フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。
(SD31-JP032)
時空のペンデュラムグラフ – 遊戯王Wiki
  • 「時空のペンデュラムグラフ」のカードの発動のみは、ダメージステップ以外であればいつでも行う事ができます。
  • 『①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は罠カードの効果の対象にできない』効果はチェーンブロックの作られない効果です。
  • 『②:自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる』効果はチェーンブロックの作られる効果です。(ダメージステップに発動する事はできません。「時空のペンデュラムグラフ」のカードの発動と同一のチェーンブロックにて効果を発動する事もできます。)
  • 『そのカードを破壊する。この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる』効果は、自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「魔術師」と名のついたペンデュラムモンスター1体と自分のペンデュラムゾーンに存在する「魔術師」と名のついたカード1枚のいずれかと、相手フィールドのカード1枚、合計2枚のカードを対象に取る効果です。
  • 『そのカードを破壊する』処理と、『この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる』処理は同時に行われる扱いではありません。

「時空のペンデュラムグラフ」の効果の対象とした2枚のカードの内、1枚がフィールドを離れている場合、効果処理はどうなりますか?

Question
自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「時読みの魔術師」1体と、相手のモンスターゾーンに裏側守備表示で存在するモンスター1体を対象として、「時空のペンデュラムグラフ」の『②:自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる』効果を発動しました。

その発動にチェーンして「強制脱出装置」を発動し、対象の「時読みの魔術師」を持ち主の手札に戻した場合、処理はどうなりますか?
Answer
質問の状況の場合「時空のペンデュラムグラフ」の対象とした2枚のカードの内、「時読みの魔術師」が持ち主の手札に戻っているため、対象としたカードは1枚しかフィールドに存在していない状態となります。

この場合、対象となっている、相手のモンスターゾーンの裏側守備表示モンスターは「時空のペンデュラムグラフ」の効果によって破壊される事になりますが、『この効果でカードを2枚破壊できなかった場合』にあたりますので、『フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる』処理を適用する事ができます。

発動した「時空のペンデュラムグラフ」の効果の処理時に、「時空のペンデュラムグラフ」自身が破壊されている場合、どうなりますか?

Question
自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「星読みの魔術師」1体と、相手の魔法&罠ゾーンにセットされているカード1枚を対象として、「時空のペンデュラムグラフ」の『②:自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる』効果を発動しました。

その発動にチェーンして「サイクロン」が発動し、「時空のペンデュラムグラフ」自身が破壊された場合、効果処理はどうなりますか?
Answer
発動した「時空のペンデュラムグラフ」の効果の処理時に、効果を発動した「時空のペンデュラムグラフ」自身が破壊されている場合には、『そのカードを破壊する』処理は適用されず、『この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる』処理も適用されません。

『【遊戯王】時空のペンデュラムグラフ【裁定・ルール】』のコメント

  • 名無し 2017年2月13日 20:19 返信する

    ああ、やっぱり 時空のペンデュラムグラフの対象を、「マスクチェンジ・セカンド」でリリースすれば、ダークロウ立てながら2枚破壊できるのか

コメントはこちら

u S d h
F X