3

堕天使モンスター全般の裁定・ルールについて

《堕天使イシュタム》

51rQU9r+O5L
堕天使イシュタム
星10 闇属性 天使族 
ATK 2500/DEF 2900
自分は「堕天使イシュタム」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、 その(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと「堕天使」カード1枚を捨てて発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。
(2):1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 その魔法・罠カードの効果を適用する。 その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる

カードテキスト
■『①:手札からこのカードと「堕天使」カード1枚を捨てて発動できる。自分はデッキから2枚ドローする』モンスター効果は、手札にて発動する起動効果です。(この効果を発動する際に、コストとして、手札の「堕天使イシュタム」自身と、他の「堕天使」と名のついたカード1枚、合計2枚のカードを捨てます。対象を取る効果ではありません。)
■自分のデッキの枚数が1枚以下の場合、手札の「堕天使イシュタム」のモンスター効果を発動する事はできません。
■『②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果は誘発即時効果です。(この効果を発動する際に、コストとして、1000ライフポイントを払います。ダメージステップに発動する事はできません。)
■『その魔法・罠カードの効果を適用する』モンスター効果を発動する際に、自分の墓地の「堕天使」と名のついた魔法・罠カード1枚を対象として選択します。(選択する「堕天使」と名のついた魔法・罠カードは、効果処理を行えるカードでなければなりません。)
■『その魔法・罠カードの効果を適用する』処理と、『その後、墓地のそのカードをデッキに戻す』処理は同時に行われる扱いではありません。

「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の対象として「魅惑の堕天使」を選択した場合、手札か自分フィールドから「堕天使」と名のついたモンスターを墓地へ送りますか?

Question
自分が「堕天使イシュタム」、「堕天使テスカトリポカ」、「堕天使マスティマ」、「堕天使アムドゥシアス」の『②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果を発動した際に、対象として墓地の「魅惑の堕天使」を選択しました。

その際に、『手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「堕天使」モンスター1体を墓地へ送って』処理を行う必要がありますか?
Answer
「堕天使イシュタム」等のモンスター効果を発動する際に対象として選択したカードが「魅惑の堕天使」だった場合、「魅惑の堕天使」のカードの発動の際に払うコストとなる『手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「堕天使」モンスター1体を墓地へ送って』処理を行う必要はありません。

『相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、エンドフェイズまでコントロールを得る』処理のみが行われる事になります。

「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の対象とした「堕天使の戒壇」が効果処理時に墓地に存在しなくなっている場合、処理はどうなりますか?

Question
自分が「堕天使イシュタム」、「堕天使テスカトリポカ」、「堕天使マスティマ」、「堕天使アムドゥシアス」の『②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果を発動した際に、対象として墓地の「堕天使の戒壇」を選択しました。

その発動にチェーンして、相手が「D.D.クロウ」のモンスター効果を発動し、対象の「堕天使の戒壇」を墓地から除外した場合、処理はどうなりますか?
Answer
「堕天使イシュタム」等のモンスター効果を発動する際に対象として選択した「堕天使」と名のついた魔法・罠カードが、効果処理時に墓地に存在しなくなった場合は、『その魔法・罠カードの効果を適用する』処理を適用する事はできず、『その後、墓地のそのカードをデッキに戻す』処理も適用されません。

「堕天使イシュタム」等のモンスター効果で、そのターンに既に発動している「堕天使の追放」を対象に選択できますか?

Question
自分が「堕天使の追放」を発動し、『①:デッキから「堕天使の追放」以外の「堕天使」カード1枚を手札に加える』効果を既に適用しているターンです。

この状況で、自分は「堕天使イシュタム」、「堕天使テスカトリポカ」、「堕天使マスティマ」、「堕天使アムドゥシアス」の『②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果を発動する際に、「堕天使の追放」を対象に選択できますか?
Answer
「堕天使の追放」は『1ターンに1枚しか発動できない』魔法カードとなります。

しかしながら、「堕天使イシュタム」等のモンスター効果は、対象として選択した「堕天使」と名のついた魔法・罠カードの発動が行われる扱いではありません。
「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の処理として、対象に選択した「堕天使」と名のついた魔法・罠カードのテキストに記された効果処理が行われます。

したがって、質問の状況の場合、「堕天使イシュタム」等のモンスター効果を発動する際に、墓地の「堕天使の追放」を選択する事はできます。

墓地の「堕天使の戒壇」を対象として発動した「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の処理時に、効果を発動した「堕天使イシュタム」等がフィールドを離れている場合、処理はどうなりますか?

Question
自分が「堕天使イシュタム」、「堕天使テスカトリポカ」、「堕天使マスティマ」、「堕天使アムドゥシアス」の『②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果を発動した際に、対象として墓地の「堕天使の戒壇」を選択しました。

その発動にチェーンして、相手が「強制脱出装置」を発動し、効果を発動した「堕天使イシュタム」等が持ち主の手札に戻った場合、処理はどうなりますか?
Answer
自分の墓地の「堕天使」と名のついた魔法・罠カードを対象として発動した「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の処理時に、効果を発動した「堕天使イシュタム」等がフィールドを離れている場合でも、『その魔法・罠カードの効果を適用する』処理と、『その後、墓地のそのカードをデッキに戻す』処理は通常通り適用されます。

墓地の「魅惑の堕天使」を対象として発動した「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の発動にチェーンして「月の書」が発動し、相手のモンスターゾーンに表側表示のモンスターが存在しなくなった場合、処理はどうなりますか?

Question
相手のモンスターゾーンに「堕天使アスモディウス」のみが表側表示で存在しています。この状況で、自分が「堕天使イシュタム」、「堕天使テスカトリポカ」、「堕天使マスティマ」、「堕天使アムドゥシアス」の『②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果を発動した際に、対象として墓地の「魅惑の堕天使」を選択しました。その発動にチェーンして「月の書」が発動し、相手の「堕天使アスモディウス」が裏側守備表示になっている場合、効果処理はどうなりますか?
Answer
質問の状況の場合、発動した「堕天使イシュタム」等のモンスター効果は、「魅惑の堕天使」の『相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、エンドフェイズまでコントロールを得る』効果として適用されますが、相手のモンスターゾーンには表側表示のモンスターが存在しなくなっていますので、相手のモンスターのコントロールを得る事はできません。その場合でも、『その後、墓地のそのカードをデッキに戻す』処理は行われ、対象の「魅惑の堕天使」はデッキに戻ります。

墓地の「背徳の堕天使」を対象として発動した「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の発動にチェーンして、「禁じられた聖槍」が発動した場合、処理はどうなりますか?

Question
相手のモンスターゾーンに「堕天使ゼラート」のみが表側表示で存在しています。

この状況で、自分が「堕天使イシュタム」、「堕天使テスカトリポカ」、「堕天使マスティマ」、「堕天使アムドゥシアス」の『②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果を発動した際に、対象として墓地の「背徳の堕天使」を選択しました。

その発動にチェーンして「禁じられた聖槍」が発動し、相手の「堕天使ゼラート」が罠カードの効果を受けなくなっている場合、効果処理はどうなりますか?
Answer
「堕天使イシュタム」等のモンスター効果は、対象として選択した「堕天使」と名のついた魔法・罠カードの発動が行われる扱いではありません。「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の処理として、対象に選択した「堕天使」と名のついた魔法・罠カードのテキストに記された効果処理が行われます。

したがって、質問の状況の場合、『フィールドのカード1枚を選んで破壊する』効果の適用によって、「禁じられた聖槍」の効果が適用された相手の「堕天使ゼラート」を選んだ場合でも、通常通り破壊される事になります。
(『その後、墓地のそのカードをデッキに戻す』処理も通常通り適用されます。)

墓地の「背徳の堕天使」を対象として発動した「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の発動にチェーンして、「スキルドレイン」が発動した場合、処理はどうなりますか?

Question
自分が「堕天使イシュタム」、「堕天使テスカトリポカ」、「堕天使マスティマ」、「堕天使アムドゥシアス」の『②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果を発動した際に、対象として墓地の「背徳の堕天使」を選択しました。

その発動にチェーンして「スキルドレイン」が発動した場合、効果処理はどうなりますか?
Answer
「堕天使イシュタム」等のモンスター効果は、対象として選択した「堕天使」と名のついた魔法・罠カードの発動が行われる扱いではありません。
「堕天使イシュタム」等のモンスター効果の処理として、対象に選択した「堕天使」と名のついた魔法・罠カードのテキストに記された効果処理が行われます。

したがって、質問の状況の場合、チェーンして発動した「スキルドレイン」の効果によって、「堕天使イシュタム」等のモンスター効果が無効化されますので、『その魔法・罠カードの効果を適用する』処理も、『その後、墓地のそのカードをデッキに戻す』処理も適用されません。

『【遊戯王】堕天使【裁定・ルール】』のコメント一覧(3コメント)

  • 名無し 2016年9月8日 23:45 返信する

    墓地の戒壇でスペルビアを出したらスペルビアの効果は使えますか?

    • 名無し 2016年11月12日 22:25 返信する

      今更ですが その場合は スペルビアの効果が発動する前に イシュタムの「その後、そのカードをデッキに戻す」という効果が適用されます。 そして、それが適用されることによって スペルビアの特殊召喚効果はタイミングを逃しますので 特殊召喚できないです。

  • 名無し 2016年11月14日 07:48 返信する

    背徳の堕天使、は敵のモンスターの召喚時に使えて、相手の召喚時効果阻止できますか?

コメントはこちら

u S d h
F X