0
青眼の白龍

シャイニングビクトリーズで青眼カードが追加され強化された
青眼の白龍のデッキを紹介

青眼デッキ概要

1_20141118015055368

アニメ遊戯王デュエルモンスターズに登場する
海馬瀬戸のキーカード「青眼の白龍」を使ったデッキ

《青眼の白龍》

青眼の白龍
青眼の白龍
星 8 光属性 ドラゴン族 
ATK 3000/DEF 2500
高い攻撃力を誇る伝説のドラゴン。 どんな相手でも粉砕する、その破壊力は計り知れない。

シャイニングビクトリーズで登場したカードがこちら

《青き眼の護人》

青き眼の護人
青き眼の護人
星1 光属性 ドラゴン族 
ATK 800/DEF 1300
「青き眼の護人」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。 手札から光属性・レベル1チューナー1体を特殊召喚する。
②:自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地へ送り、手札から「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。

このカードは召喚時に「青き眼」モンスターを特殊召喚できます。しかし、アドバンテージが増えないカードなので採用率は低めです。

《青き眼の賢士》

青き眼の賢士
青き眼の賢士
星1 光属性 魔法使い族 
ATK 0/DEF 1500
「青き目の賢士」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。 デッキから「青き眼の賢士」以外の光属性・レベル1チューナー1体を手札に加える。
②:このカードを手札から捨て、自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地へ送り、デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。

このカードは「青き眼の乙女」と相性が良く使い勝手が良いカードです。「青き眼の乙女」を召喚しそのあとこのカードの効果で「青き眼の乙女」を対象にして②の効果を発動すれば、「青き眼の乙女」の効果
フィールド上に表側表示で存在するこのカードがカードの効果の対象になった時に発動できる。 自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。
が発動します。さらにこのカードの効果でもう一枚「ブルーアイズ」モンスターを特殊召喚できます。2枚のカードでブルーアイズ2体特殊召喚できます。

《青き眼の祭司》

青き眼の祭司
青き眼の祭司
星1 光属性 魔法使い族 
ATK 300/DEF 1200
「青き眼の祭司」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の光属性・レベル1チューナー1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。
②:墓地のこのカードをデッキに戻し、自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地へ送り、そのモンスター以外の「ブルーアイズ」モンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚する。

このカードも「青き眼の乙女」と相性が良く上記のような動きが可能です。こちらは墓地から「ブルーアイズ」モンスターを特殊召喚できるので、シンクロ・遊戯王モンスターも出すことができます。

《太古の白石》

太古の白石
太古の白石
チューナー 星1 光属性 ドラゴン族 
ATK 600/DEF 500
「太古の白石」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「ブルーアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。

墓地に送ることでデッキから「ブルーアイズ」を特殊召喚できるので、非常に扱いやすいモンスターです。また墓地へ送った後、墓地のこのカードを除外し、「ブルーアイズ」を手札に回収でるので、アドバンテージが多く稼げる。

《白き霊龍》

白き霊龍
白き霊龍
星8 光属性 ドラゴン族 
ATK 2500/DEF 2000
このカードはルール上「ブルーアイズ」カードとしても扱う。
①:このカードは手札・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを除外する。
③:相手フィールドにモンスター存在する場合、このカードをリリースして発動できる。 手札から「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。

魔法・罠カードを除外できる「ブルーアイズ」モンスター。事故要員にもなるので、1枚だけの事が多め

《青眼の精霊龍》

青眼の精霊龍
青眼の精霊龍
星9 光属性 ドラゴン族 
ATK 2500/DEF 3000
チューナー+チューナー以外の「ブルーアイズ」モンスター1体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いに2体以上のモンスターを同時に特殊召喚できない。
②:1ターンに1度、墓地のカードの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にする。
③:S召喚したこのカードをリリースして発動できる。 エクストラデッキから「青眼の精霊龍」以外のドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。 この効果は相手ターンでも発動できる。

②の効果は今の時代いろんなデッキに効果がありそうです。③の効果は相手ターンでも使うことができるので、相手に合わせて対応を変えられて便利だ

《光の霊堂》

光の霊堂
光の霊堂
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに光属性・レベル1チューナー1体を召喚できる。
②:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 手札・デッキから通常モンスター1体を墓地へ送る。 対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「滅びの爆裂疾風弾」1枚を手札に加える。

②の効果でまた「青き眼の乙女」の効果が発動できますね。墓地から除外すれば、モンスターをすべて破壊できる「「滅びの爆裂疾風弾」」を回収できます。

《光の導き》

光の導き
光の導き
装備魔法
①:自分フィールドに他の「光の導き」が存在せず、自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが3体以上存在する場合、その内の1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターの効果を無効にして特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
②:装備モンスター以外の自分のモンスターは攻撃できず、自分の墓地に「ブルーアイズ」モンスターが存在する場合、装備モンスターはその数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

ブルーアイズ3体がいれば、墓地から特集召喚できる効果を持っている。墓地の「ブルーアイズ」の数だけ攻撃できるので、墓地に「ブルーアイズ」が多く入ればこのカードで勝負を決めることもできそうだ。

多く使われることのある「ブルーアイズ」カード

《青き眼の乙女》

青き眼の乙女
青き眼の乙女
星1 光属性 魔法使い族 
ATK 0/DEF 0
このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードがカードの効果の対象になった時に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。「青き眼の乙女」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

「ブルーアイズ」デッキのキーワードと言えるのこのカード。このカードで「青眼の白龍」をたくさん展開していこう。このカードが初手で引けるだけで勝率が変わってきそうだ。

《青眼の亜白龍》

青眼の亜白龍
青眼の亜白龍
星8 光属性 ドラゴン族 
ATK 3000/DEF 2500
このカードは通常召喚できない。
手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。 この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。
②:1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

映画前売り特典のカード。専用デッキなら簡単に特殊召喚できる。モンスターを破壊する効果はすぐにエクシーズやシンクロモンスターを召喚してしまえばデメリットなし。

《ドラゴン・目覚めの旋律》

ドラゴン・目覚めの旋律
ドラゴン・目覚めの旋律
通常魔法
手札を1枚捨てて発動できる。 デッキから攻撃力が3000以上で守備力が2500以下の ドラゴン族モンスターを2体まで手札に加える。

このカードがあれば「青眼の亜白龍」を召喚することができます。
シンプルに強いです。

《青眼の双爆裂龍》

青眼の双爆裂龍
青眼の双爆裂龍
星10 光属性 ドラゴン族 
ATK 3000/DEF 2500
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」 このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分のモンスターゾーンの上記カードを墓地へ送った場合にエクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
(3):このカードの攻撃によって相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。 その相手モンスターを除外する。

「融合」なしで特殊召喚できる融合モンスター。2回攻撃できる攻めるためのカード

《蒼眼の銀龍》

蒼眼の銀龍
蒼眼の銀龍
星9 光属性 ドラゴン族 
ATK 2500/DEF 3000
チューナー+チューナー以外の通常モンスター1体以上
このカードが特殊召喚に成功した時に発動する。自分フィールド上のドラゴン族モンスターは次のターンの終了時まで、カードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されない。また、1ターンに1度、自分のスタンバイフェイズ時に発動できる。自分の墓地の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。

守りのシンクロモンスター。「青眼の精霊龍」で呼び出せたら相手のカード効果をかわすことができるぞ。

  • 攻撃力3000の青眼モンスターがどんどん出せて楽しそうだ。

コメントはこちら

u S d h
F X