0
アークブレイブドラゴン

アークブレイブドラゴンに関する裁定・ルールについて

《アークブレイブドラゴン》

アークブレイブドラゴン
アークブレイブドラゴン
星7 光属性 ドラゴン族 
ATK 2400/DEF 2000
①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする。
②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

カードテキスト

①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする。
②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

■『①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップに墓地からの特殊召喚に成功した場合にも発動する事ができます。)
■『相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し』の処理と、『このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする』処理は同時に行われる扱いとなります。
■『②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果は墓地にて発動する誘発効果です。(自分の墓地のレベル7のドラゴン族モンスター1体、または、自分の墓地のレベル8のドラゴン族モンスター1体を対象に取る効果です。)
■『そのモンスターを特殊召喚する』効果は墓地へ送られたその時に効果が発動し、チェーンブロックが作られる効果ではありません。墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズにて効果が発動し、チェーンブロックが作られます。

墓地へ送られた「アークブレイブドラゴン」が、次のターンのスタンバイフェイズを迎える前に墓地に存在しなくなっている場合、モンスター効果を発動できますか?

Question
「おろかな埋葬」の効果によって「アークブレイブドラゴン」が墓地へ送られました。 そのターンのエンドフェイズに相手が「D.D.クロウ」のモンスター効果を発動し、その墓地へ送られている「アークブレイブドラゴン」を除外した場合、次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」の『②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer

「アークブレイブドラゴン」の『そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果は、「アークブレイブドラゴン」自身が墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに墓地にて発動する効果となります。 したがって、質問の状況のように、次のターンのスタンバイフェイズを迎える前に、「アークブレイブドラゴン」が墓地に存在しなくなっている場合には、『そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできません。

墓地に存在する「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果は、スタンバイフェイズを迎える度に発動できますか?

Question
墓地に存在する「アークブレイブドラゴン」の『②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果が発動し、その発動が「天罰」によって無効になりました。 その次のターンのスタンバイフェイズにその墓地の「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果を発動する事はできますか?

Answer
「アークブレイブドラゴン」の『そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果は、「アークブレイブドラゴン」自身が墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズにのみ発動する事ができます。 したがって、その発動が「天罰」によって無効になった場合、その墓地に存在する「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果がその次のターンのスタンバイフェイズに再び発動する事はありません。 (ただし、その「アークブレイブドラゴン」が「死者蘇生」の効果によって特殊召喚され再び墓地へ送られた場合などであれば、その墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに効果を発動する事ができるようになります。)

同一ターンに2体の「アークブレイブドラゴン」が墓地へ送られた場合、それぞれのモンスター効果は次のスタンバイフェイズにどのように発動と処理を行いますか?

Question
相手の発動した「ブラック・ホール」の効果によって、同一ターンに2体の「アークブレイブドラゴン」が破壊され、自分の墓地へ送られました。 この場合、次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」の『②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果はどのように発動と処理を行いますか?

Answer

質問の状況のように、同一ターンに2体の「アークブレイブドラゴン」が墓地へ送られている場合、それぞれの「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果を、次のターンのスタンバイフェイズに発動する事はできます。 その場合、2体の「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果はチェーンではなく、それぞれ発動と処理を行う事になります。

墓地から特殊召喚された「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果で、ペンデュラムモンスターは除外されますか?

Question
「アークブレイブドラゴン」の『①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする』モンスター効果によって、相手フィールドに存在するペンデュラムモンスターは除外されますか?

Answer

墓地から特殊召喚された「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果が適用された場合、相手のペンデュラムゾーンに置かれているペンデュラムモンスターや、装備カード扱いとなっているペンデュラムモンスターは魔法カードとして扱われていますので除外される事になりますが、モンスターゾーンにモンスターとして存在しているペンデュラムモンスターは墓地から特殊召喚された「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果によって除外される事はありません。

墓地から特殊召喚された「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果の処理時に、「アークブレイブドラゴン」自身がモンスターゾーンに表側表示で存在しなくなった場合、処理はどうなりますか?

Question
「アークブレイブドラゴン」の『①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする』モンスター効果の発動にチェーンして、相手が「月の書」を発動し「アークブレイブドラゴン」自身が裏側守備表示になった場合や、相手が「サンダー・ブレイク」を発動し「アークブレイブドラゴン」が破壊された場合、相手が「強制脱出装置」を発動し「アークブレイブドラゴン」が手札に戻っている場合、それぞれ処理はどうなりますか?

Answer

墓地から特殊召喚された「アークブレイブドラゴン」の効果の発動にチェーンして相手が発動した「月の書」や「サンダー・ブレイク」、「強制脱出装置」の効果によって、効果を発動した「アークブレイブドラゴン」自身が効果処理時に、モンスターゾーンに表側表示で存在しなくなっている場合でも、『相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し』の処理は適用されます。 (この場合、発動した「月の書」や「サンダー・ブレイク」、「強制脱出装置」も、相手のモンスターゾーンに表側表示で存在する魔法・罠カードとなりますので、除外される事になります。)

「アークブレイブドラゴン」がドローフェイズに墓地へ送られた場合、そのターンのスタンバイフェイズにモンスター効果を発動できますか?

Question
ドローフェイズに発動した「手札断殺」の効果によって、「アークブレイブドラゴン」が手札から墓地へ送られました。 この場合、このターンのスタンバイフェイズに、墓地へ送られた「アークブレイブドラゴン」の『②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果が発動する事はできますか?

Answer
質問の状況の場合、「アークブレイブドラゴン」がドローフェイズにて墓地へ送られていますが、そのターンのスタンバイフェイズには「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果は発動しません。 「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果は、「アークブレイブドラゴン」自身が墓地へ送られた、その次のターンのスタンバイフェイズに発動する事ができます。 (したがって、ドローフェイズにて墓地へ送られた場合でも、そのターンのスタンバイフェイズに効果を発動する事はできません。効果を発動する事ができるのはその次のターンのスタンバイフェイズになります。)

自身のモンスター効果によってドラゴン族モンスターを装備している「巨竜の守護騎士」に「禁じられた聖杯」が適用された場合、どうなりますか?

Question
「巨竜の守護騎士」の『①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分の手札・墓地からレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する』モンスター効果によって、「アークブレイブドラゴン」が装備カード扱いとして装備されています。 この状況で「禁じられた聖杯」が発動し、その「巨竜の守護騎士」のモンスター効果が無効になった場合、適用されている効果はどうなりますか?

Answer

質問の状況のように、自身のモンスター効果によってドラゴン族モンスターを装備している「巨竜の守護騎士」に「禁じられた聖杯」の効果が適用された場合には、『自分の手札・墓地からレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する』モンスター効果が無効化されますので、モンスターを装備する事ができず、装備カード扱いとなっていた「ダークブレイズドラゴン」は破壊され墓地へ送られる事になります。

スタンバイフェイズに発動した「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果の処理時に、「アークブレイブドラゴン」自身が墓地に存在しなくなった場合、処理はどうなりますか?

Question
「アークブレイブドラゴン」の『②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果の発動にチェーンして「ロスト」が発動し、効果を発動した「アークブレイブドラゴン」自身が墓地に存在しなくなった場合、処理はどうなりますか?

Answer

墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに発動した「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果の処理時に、効果を発動した「アークブレイブドラゴン」自身が墓地に存在しなくなった場合でも、『そのモンスターを特殊召喚する』処理は通常通り適用されます。

自身のモンスター効果によってアップした「アークブレイブドラゴン」の攻撃力・守備力は、「スキルドレイン」が適用された場合、どうなりますか?

Question
「アークブレイブドラゴン」の『①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする』モンスター効果によって、「アークブレイブドラゴン」の攻撃力・守備力が400アップし、攻撃力2800・守備力2400の状態になっています。 その後に、「スキルドレイン」が発動し、「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果が無効になった場合、攻撃力・守備力はどうなりますか?

Answer

質問の状況のように、「スキルドレイン」の効果によって「アークブレイブドラゴン」のモンスター効果が無効になった場合には、『このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする』モンスター効果によってアップした攻撃力・守備力の適用はなくなります。 (攻撃力2400・守備力2000の状態に戻ります。その後に「スキルドレイン」の適用がなくなった場合でも、攻撃力・守備力がアップした状態に戻る事はありません。)

「巨神竜フェルグラント」が、相手のモンスターゾーンに存在する元々の持ち主が自分のモンスターを戦闘で破壊した場合、モンスター効果を発動できますか?

Question
「強制転移」の効果によって、元々の持ち主が自分の「アークブレイブドラゴン」が相手のモンスターゾーンに存在しています。 その状況で、「巨神竜フェルグラント」がその「アークブレイブドラゴン」を戦闘によって破壊した場合、「巨神竜フェルグラント」の『②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、「巨神竜フェルグラント」以外の自分または相手の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer

質問の状況の場合でも、「巨神竜フェルグラント」は戦闘で相手モンスターを破壊している事になりますので、『そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできます。 (戦闘で破壊し自分の墓地へ送られた「アークブレイブドラゴン」を対象とする事もできますし、他のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象とする事もできます。)

自身のモンスター効果によってアップした「アークブレイブドラゴン」の攻撃力・守備力はいつまで適用されますか?

Question
「アークブレイブドラゴン」の『①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする』モンスター効果によって、アップした攻撃力・守備力はいつまで適用されますか?

Answer

墓地から特殊召喚に成功した「アークブレイブドラゴン」の、自身の『このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする』モンスター効果によってアップした攻撃力・守備力は、その「アークブレイブドラゴン」自身がモンスターゾーンに表側表示で存在する限り適用されたままとなります。

墓地へ送られた後に除外された「アークブレイブドラゴン」が、次のターンのスタンバイフェイズに墓地に戻っている場合モンスター効果を発動できますか?

Question
「おろかな埋葬」の効果によって墓地へ送られた「アークブレイブドラゴン」が、相手の発動した「D.D.クロウ」のモンスター効果によって除外されています。 その状況で「異次元からの埋葬」が発動し、除外された「アークブレイブドラゴン」が墓地に戻っている場合、次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」の『②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできますか?

Answer

「アークブレイブドラゴン」の『そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果は、「アークブレイブドラゴン」自身が墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに墓地にて発動する効果となります。 したがって、質問の状況のように、墓地へ送られた後に除外されている「アークブレイブドラゴン」が「異次元からの埋葬」の効果によって墓地に戻っていたとしても、その「アークブレイブドラゴン」は墓地へ送られた扱いにはなりませんので、『そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできません。

コメントはこちら

u S d h
F X